RCとパソとガジェットな日々

気ままに時々雑感、RC,パソやガジェット等々役に立つものを紹介できればと

安定化電源を新調しました。

RC関係のバッテリー(特に動力用)を充電する場合に必須であるのがD.C.12Vの電源です。
RCカー用の充電器は先日紹介したToolkitの例にもある通り、基本的にD.C12Vから充電します(一部A.C.100Vからできる物あり)。

この為、安定して充電するには安定したD.C.12V(通称親電源)が必要な訳です。RC用として販売されている親電源は形は良いのですがその分お値段も結構良い値段です(形だけではなく、信頼性も高い物が多いと思います)。
それなりの電源で良いと思っているので汎用のスイッチング電源を使っており、今回新調したので紹介させていただきます。

まず、電源を買う場合に考えるのは電源用容量ですね。スマフォの充電器とかでもありますが、何アンペア流せるかという奴。
RCカーバッテリーの場合、充電に5A~10A程度流すので電源容量もそれなりに必要です。
さらに、これが2本同時だったり(Toolkitはまさにこれ、タイヤウォーマーも動かしたりと何かと電力が必要なので、今回は40Aクラスを準備しました。
入手はAmazon等のネットで探すと色々なものが出ておりますので、「スイッチング電源 12V 40A」とかで探して見繕います。

今回は「CURE」というブランドの物を選びました。今まで使っていた30Aクラスのスイッチング電源も同じブランドだった筈なので、なんとなくの信頼があるので。

届いたものは、梱包は簡単ですが、ちゃんとした箱に入った形

f:id:h-blitz:20210420221132j:plain


電源に、事前に準備したACケーブルと、DC側のコネクターボックスを接続して完成です。

f:id:h-blitz:20210420221158j:plain

f:id:h-blitz:20210420221336j:plain

クーリング用のファンも内臓しているので、高負荷時のクーリングも安心できそう。

差し当たりは1本くらい充電して、初期動作確認完了

f:id:h-blitz:20210420221437j:plain

最近老朽化のため電源が不安定で充電に神経使っていたのですが、これで今週末のレースで充電だけは安心することができることと思います。

興味があれば以下をご覧ください。

石川ラーメンストリート

3月末で管理人さんが卒業を表明していたラーメン情報サイトの「石川ラーメンストリート」ですが、後任者が決まり新しいURLに引っ越し公開されていますね。

新しいURLは

http://cityhunter.html.xdomain.jp/
とのこと。
今のところは、従来路線のようです。

石川県のラーメン店の情報の網羅性では群を向いており、継続されるのは幸いです。

昨日は、地元チャンピオン金沢模型さんのタミチャレ 第二戦でした。

昨日は、地元チャンピオン金沢模型さんのタミチャレ 第二戦のお手伝いでした。

f:id:h-blitz:20210412211729j:plain

少し暖かくなりましたが、第4波!??とかの兆しもあるためか、前月よりは少な目のエントリー(でも、ショップレースとしては結構な人数)となっております。
(まだまだ予断を許さないのもありますので、遠地からのエントリーは自粛していただいており、ピットもソーシャルディスタンスを確保できるよう配慮しての開催です)

今回も全部で8カテゴリーと全クラス開催となり、運営としてはうれしい悲鳴。
比較的に順調に(ちょっと計測ミスしましたが)進み、お昼も長めに休憩&練習出来たので充実したレースデイをすごいして頂けたのではないでしょうか。

レースの記録は、以下の下位メイン放送局 さんYoutubeをご覧ください。

Mクラス Cメイン

Mクラス Bメイン

GTクラス Cメイン

GTクラス Bメイン

ライダー Aメイン

コミカルバギー Aメイン

レーシングトラック Aメイン

F1 Aメイン

Mクラス Aメイン

フォーミュラーE Aメイン

ZEROクラス Aメイン

GTクラス Aメイン

本日はお疲れさまでした。5月はタミチャレはお休みとなりますので6月まで十分練習しましょうね。

本年度のJMRCA 全日本選手権中止のお知らせ

JMRCAのWeb
にて本年度の全日本選手権を全て中止とする旨のアナウンスがされております。

昨今のコロナウィルスの状況(第3波が収まったと思ったら、もう第4波が見えてくるかもな状況)を考えると、全国から人を集めるイベントは開催は厳しいですよね。

残念ではありますが、今年までは自重しワクチンを接種して来年集まれると良いかなと思います。

ENVY用のPCバッグを新調しました

PCの更新(以前紹介させていただいたノートPCのHP ENVY 13)に伴いPCバッグを更新しました。以前は10インチクラスのPCを持ち歩いていたため、PC用バッグが小さくサクッと格納することが出来ないため、色々物色してENVY用のPCバッグを新調しました。

HP社でもオプション的な扱いでPCバッグというかカバーを準備しているのですが、本当にPC専用な感じ。
多少はその他の物も入れたい、出来れば荷物少ない時はそれだけで行動できる位なバッグをと、色々探し回った結果
リヒトラブ HINEMO スタンド ポーチ L ブラック
がちょうど良さそうでしたので、ポチリました。

f:id:h-blitz:20210402221229j:plain

帆布性のバッグであることも惹かれたところです。
13インチノートPCにピッタリより余裕のあるA4ファイルが納められるバッグです。

従来の10インチ用バッグ(クツワ コールマン製)と比較して一回り大きい感じ。このバッグもA4なんですけど(/_;)

f:id:h-blitz:20210402221303j:plain


バッグにPCを入れた感じは余裕ですね。

f:id:h-blitz:20210402221338j:plain

f:id:h-blitz:20210402221354j:plain


ポケットにも色々入れることも出来、折り返すとバッグではなく、インナーバッグスタイルに変形出来たり、L字型で自立できたりと色々楽しく使えそうなバッグです。

f:id:h-blitz:20210402221425j:plain

f:id:h-blitz:20210402221443j:plain


興味がございましたら、以下よりどうぞ。


 


 

本日は、地元チャンピオン金沢模型さんのD.D&ツーリングカー 第1戦でした。

本日は、地元チャンピオン金沢模型さんのD.D&ツーリングカー 第1戦でした。

f:id:h-blitz:20210328190205j:plain

プレ戦と比較して少し少な目ですが、いつもの濃いメンバーはそろっていて厳しい戦いとなりそうです。

レースの記録は、以下の下位メイン放送局 さんYoutubeをご覧ください。

1/12 GTカー

Bメイン

Aメイン

1/12 レーシングカー

Aメイン

1/10 ツーリングカー

Cメイン

Bメイン

Aメイン

自分の結果は、まあ聞かないでください的な。プレ戦の時は良かったものの温度が上がってグリップ上がったのにタイムに結びつかなかったですね。
来月の第2戦に向けての課題として取り組みたいと思います。

週末に向けてタイヤの準備してます

チャンピオン金沢模型さんのレースなので、まずはタイヤ準備ですね。

今晩はダイレクトGTクラスのタイヤを

f:id:h-blitz:20210324212739j:plain


基本的に川田模型のGTカー縛りなので、タイヤもメーカー製のもので
もう一つの参加クラス 1/10ツーリングは気温と湿度を予測中なので週末に準備かな

スポンジタイヤなので、レーシングカー用の瞬間接着剤で張るのが手軽なのですが、リムのあるホイルの処理が難しいので両面テープで張っていきたいと思います。

最初はホイルの加工から

f:id:h-blitz:20210324212942j:plain f:id:h-blitz:20210324213007j:plain

ホイルがスポンジとゴムの兼用ですので、内側のリムは切り取ります。
バリがなく切り取れればOK

両面テープは汎用のテープを使ってます。RCカー用でも接着力さえ十分なものを選べば問題はありません。
私はRC用の幅が広いものより、狭い物を並べた方が調整しやすい等があるので。

f:id:h-blitz:20210324213447j:plain f:id:h-blitz:20210324213457j:plain

両面テープでホイルを覆ったら、タイヤと合わせていきます
そのままでは、途中で引っかかってしまったり、微調整ができなかったりと困るのでテープの表面を溶媒で溶かす感じにして滑らせてタイヤをはめます。タミヤさんのクリーナーが良いと思ってます(以前はABCホビーさんから専用のクリーナーが出ていたのですが、現在はなくなってますので)

f:id:h-blitz:20210324213737j:plain f:id:h-blitz:20210324213753j:plain

この作業を4本分行えば完成

f:id:h-blitz:20210324214420j:plain

溶媒が乾かないうちに歪み等はなるべく修正しましょう。
実際には、走行前に成形するので新円は出せるのでしょうが接着面等が確実にタイヤーホイルが接しているようにとする方が良いはずですので。

今回のアイテムは基本的にRCショップで入手できるとは思いますが、テープ等は以下のリンクからもゲットできます。