RCとパソとノンアルな日々 2nd

北陸の弾丸 気の向くままに

こんな暖冬のタイヤ考

超暖冬の今年ですが、ようやく冬将軍様がお出ましのようでこの連休は寒いですよね。
さて、こんな暖冬のせいか頭の中まで春な方の話を聞いたのでちょっと考察。

北陸方面は雪が降るとは言ってももっと北に比べると平年でもそれほど大雪は近年見られなくなりました。自分が子供の頃は冬に市街地で50cmが普通に積もっているなんて当たり前だったのですがねー
こう積雪が少ない&車の性能が良く雪に強くなったと誤解or過信している頭の中春のお花畑な方々は、ちょっとの雪なんかノーマルタイヤで大丈夫と劇勘違いする事が多発するようです。

天気予報は雪も混ざり、いつ道路が積雪するかわからないのに、
「俺はまだノーマルタイヤだ」
と、偉そうに威張ってる人がいるとのこと。
(ただ、安全を軽視していると吹聴しているだけなので、相手にしない方が良いかも。私に言ってくれれば、「自分だけで死んでね」と返してあげるのにねー)

まあ、4WDだったりすると若干の積雪の場合車動いてしまうのですが、不幸にして動いた場合どうやって止まるんだっけ?(どうせ、止める技術ないでしょ)
4WDであろうがFForRWDでもブレーキは同じだよ。
いや、通常は4WDの方が重いから止まらないよ。

振り返るに、毎年の初雪の朝の通勤道で事故っているのは4WDが多いのも納得ですかね。

たぶん4WDを過信してノーマルタイヤで雪道を「イェーイ」と走り出して止まれなかったことでしょう。

JAFさんの映像を見て勉強していただきたいところです。

 

因みに、スタッドレスの寿命は冬の間(12月から3月として4ヵ月)を少し短くしても1年先まで使えるということはないので、使わなくしてダメになるだけなので11月末にさっさとタイヤを交換することを強くお勧めします。

DESTINY RX-10SR 2.0 製作(その2)

さて、先週シャーシを組み立てたので残りの部分をサクサクっと準備して、明日の年末レースに向けて準備していきたいと思います。

まずは、ダンパー

f:id:h-blitz:20191228194529j:plain

ピストンが3穴と4穴の両方が付属します。
使い慣れている3穴で組み立てます。

f:id:h-blitz:20191228194533j:plain

部品の精度も良く、特に問題なく完成です。

f:id:h-blitz:20191228195002j:plain

従来ダンパーと比較すると、短く(低重心)になっていることが良くわかります。

f:id:h-blitz:20191228195059j:plain f:id:h-blitz:20191228195109j:plain

シャーシに取り付けて、完成です。
後は、メカ関係を積んでようやく完成となります。

f:id:h-blitz:20191228195515j:plain

f:id:h-blitz:20191228195542j:plain

ストック用の小型のアンプなので、モータの前でも搭載できそうですがミッドシップのセオリーな感じのアンプ後ろにしてみました。

初走行の感じは「良く曲がる」の一言。
今後、コースに合わせたセッティングを詰めていきたいと思います。

DESTINY RX-10SR 2.0 製作中(その1)

さて、前回開封したキットですが、時間を見つけながら製作中です。
まずは、シャーシ周りから

f:id:h-blitz:20191223194222j:plain

まずは、説明書に従い、カーボン切断面を瞬間接着剤で処理します。
(シャーシ固くなる説もありますが、長く使うので処理することにしています)

f:id:h-blitz:20191223194340j:plain

接着剤ついでに前後のプーリーも組み立てます。
こちらはシャーシー用よりは高粘土の接着剤が良いと思います。
合わせ目(凸と凹)の部分は見にくいのでマーキングすると作業が楽です。

f:id:h-blitz:20191223194530j:plain

前後のサスマウント(内側)を取り付けたところ(後ではまる・・・)

f:id:h-blitz:20191223194635j:plain

これは、リアのベルトテンショナーですね。
センタープーリーが前に移動しリアベルトも長くなったので新設されたようです。

f:id:h-blitz:20191223194825j:plain

バルクを付け、フロントプーリ入れたところではまったことに気が付きました。
フロントサスマウント先に着けちゃダメじゃん。(説明書不備の模様)

f:id:h-blitz:20191223195011j:plain

正しくはこうなりますね。

f:id:h-blitz:20191223195059j:plain

アッパーバルクとサスマウントは分離型になりましたね。
とりあえずは標準で組み立てます。

f:id:h-blitz:20191223195221j:plain

サーボマウント一体型のステアリングユニット

f:id:h-blitz:20191223195350j:plain

ステアリングワイパーは裏表を間違えないように注意が必要です。
出っ張ている方がベアリング側

f:id:h-blitz:20191223195512j:plain

ポストの真ん中は円ではなく六角なので、レンチで絞めこめます。

f:id:h-blitz:20191223195634j:plain

フロントダブルCVDドライブシャフトとリアドライブシャフト
フロントのダブルが純正になったのはありがたいですね。
取付前にグリスアップはした方が良いでしょう。

f:id:h-blitz:20191223200015j:plain

サスペンションユニットを組み立てます。
(フロントのドライブカップをオプションに交換したので、フロントもCブレード入れてます)

f:id:h-blitz:20191223200227j:plain f:id:h-blitz:20191223200446j:plain

なお、サスアームは従来のRX-10SRの物より強化された物となっていますが、サスマウントを一番下げると肉厚の分シャーシにこするようです。
サスマウントを一番下げて使う場合は少し削る必要がありそうです。
(写真右の左から、削っている途中、純正、旧型)

f:id:h-blitz:20191223200805j:plain

上からモーター位置を見ると、RX-10SRとの重量配分の違いが判りますね。

f:id:h-blitz:20191223200912j:plain

と言う流れで、ほぼ説明書の通り形になりました。
あとはダンパーやメカ関係です。(来週時間が取れれば年内走行できるかな?)

 

 

DESTINY RX-10SR 2.0 開封の儀

DESTINYから発表されていた、新型ツーリングカーRS-10SR 2.0を出荷早々に入手し製作中です。
ボチボチっと開封の儀ともども紹介させていただきます。

f:id:h-blitz:20191223192444j:plain

f:id:h-blitz:20191223192530j:plain

パッケージは従来の箱より少し小さめ。
シャーシが3種(カーボンとジュラ2種なので、シールで分かるようになってるようです)

f:id:h-blitz:20191223192649j:plain

f:id:h-blitz:20191223192717j:plain

開封したところです。
各部品は説明書の順番でパッケージされているのは、従来のままの親切パッケージ。
ネジも寸法毎に分けてパッケージされています。

f:id:h-blitz:20191223192912j:plain

初期状態から一緒に組み込んだ方がよさそうなものも一式そろえました。
高精度のXENON製ボールリンク、チタンターンバックル、ウエイト関係ですね。

こんな感じです。
次に続きます。

自宅PCの更新

基本的に自宅のパソコンは所謂自作パソコンをズーット使っています。
今のパソコンはたぶん10年くらい前に組み立てた物がベースとなり、都合の悪いところを交換しながら使ってきていましたが流石にそろそろ建て増しにも限界もありお盆休みに一丁準備する事としました。

昨今の流れ的に当然CPUはRyzen(今まで自分用をIntel CPUで自作したことがない)
マザーボード、グラフィック等をチョイスするために調べるのも大変なので、良く知ったショップ店員さんに相談に乗っていただきチョイス

部品一覧

半日かけて組み立て→インストール→初期設定等々を行ってNewPCの出来上がりです。

完成

久しぶりの自作PCだったので色々新しいことが

  • SSDも従来のような2.5インチドライブサイズではなく、M2とかいうまるでメモリーのようなストレージ
    まあ、SSDなのでメモリの一種でもありますが、これに250GBとかありがたみが微妙。実装密度的にはSDカードなどの方が高いですけどね。
  • グラフィックカードの外部電力が不要
    ケース内の配線が這いまわらなくて良いのですっきり。
  • ケースの電源が上から下になった
    これは多少前からですが、やはり重いものが下にあると安心できる。
  • 最近のマザボってビープ音のブザーないんだ
    ネクターに別部品を刺さないと。起動時にピッとならないと不安になるので後ら追加。

等、少し勉強にはなったかな。

データの移行に一番時間がかかるので、こちらはHDDコピー機を使ったのですが、考えてみればパソコン組み立て中にコピーさせておけばよかったと若干反省。
クラウドとの同期は寝る前に設定し、深夜に同期させて引っ越し完了です。

RCカーでNewシャーシにした見たいにすぐに体感できる部分は少ない(起動が早くなった位。基本タイマーで自動起動なので普段はお目にかかれない)ですが、パソコン上での色々がちょっとずつ快適になった気がします。

お引っ越し

Webサイトでセキュアな接続がお勧めとなる今日この頃
Googleが公式にHTTPS をランキングシグナルに使用しますと発表し、企業のサイトだけでなくこのような個人のblogでもSSL対応がお勧めとなってきて1年以上経つような気がします。(2017年がSSL元年との記事もあります)

以前から使っていたcocolog(http://h-blitz.way-nifty.com/myblog/)は未だにhttps対応する気はないようです。

と言う事で5年位使ったcocologですが、データも持ってこれたようですので、blogのサーバをこちらに引っ越すことにしました。
よろしくお願い致します。